« 昼顔妻と産婦人科医療の関係(2) | トップページ | 明けましておめでとうございます »

2014年12月10日 (水)

卵管鏡始めました。

こんにちは、副院長の江坂です。卵管鏡手術を始めたので、その説明をします。
Ft5
卵管鏡は卵管の中を見るための細い細ーい、極細のファイバースコープです。また、スコープの外筒(カテーテル)の先端には、卵管の閉塞・狭窄を押し拡げるための細い細ーい、極細のバルーン(風船)が付いています。

不妊症の患者さんの中には、卵管が詰まっていたり(閉塞)、通りが悪くなっていたり(狭窄)する方がいます。卵管が完全に閉塞している場合には、自前の卵管では妊娠できないので、体外受精が必要という事になります。狭窄の場合でも、通常の治療でなかなか妊娠しない場合には、体外受精を検討しなければなりません。

ところが、卵管鏡を使って卵管の通りを回復させてあげると、いきなり体外受精に頼らずに、自然妊娠を目指す事も可能になります。その手術を卵管鏡下卵管形成術(FT/Falloposcopic Tuboplasty)と言います。詳しくはこちらになります。
http://www.tomakomai-ladies.net/rankan.html

卵管閉塞の不妊症患者さんにとっては、有望な治療方法の一つだと思います。

(江坂)

« 昼顔妻と産婦人科医療の関係(2) | トップページ | 明けましておめでとうございます »

コメント

娘さんはお元気ですか、まだ手が掛かる時期だと思いますが、余裕ができたら3人目も是非当院でどうぞ。キッズルームが出来たので、お子様連れでの受診もしやすくなったと思います。

不妊の方にも望みが増えていいですね。
私もできにくいのですごいいいと思います。

2人できたのもずっとレディースで治療したり
諦めずにいてよかったです。

原因は分からないんですけど、私は排卵がしにくく
黄体ホルモン値も低かった感じです。
3人ほしいのでまたお世話になるかもしれません。


またここでお話しますが、6月に帝王切開で産みました。江坂先生にとりあげてもらって
芦原先生や、看護師さん、レディースクリニックのみなさんありがとうございました。
いつまでも思い出です。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1957099/58219027

この記事へのトラックバック一覧です: 卵管鏡始めました。:

« 昼顔妻と産婦人科医療の関係(2) | トップページ | 明けましておめでとうございます »